ジェニファー・ローレンス

22歳でアカデミー賞を獲得し、ハリウッドを代表する若手実力派女優として活躍。
1990年8月15日、ケンタッキー州ルイヴィル生まれ。女優として飛躍のきっかけとなった08年の『あの日、欲望の大地で』で、ヴェネチア映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞。10年の『ウィンターズ・ボーン』で初めてアカデミー賞主演女優賞にノミネートされる。デヴィッド・O・ラッセル監督との初タッグ作品『世界にひとつのプレイブック』(12)では心が壊れたヒロイン役を演じ、アカデミー賞主演女優賞を弱冠22歳にして手にし、同作でゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)、映画俳優組合主演女優賞に輝いた。同監督の『アメリカン・ハッスル』(13)ではアカデミー賞助演女優賞、『Joy』(15)では再びアカデミー賞主演女優賞候補となり、最年少でオスカー4度目のノミネートという快挙を達成した。サバイバル・アクション『ハンガー・ゲーム』シリーズ(12~15)でも世界中の人気を集め、3本の『X-MEN』シリーズ(11~16)にも出演。その他の主な出演作に『早熟のアイオワ』(08)、『それでも、愛してる』(11)、『ボディ・ハント』(12)などがあり、今後もダーレン・アロノフスキー監督の“Mother”、スティーヴン・スピルバーグ監督の“It’s What I Do”、ロン・ハワード監督が手掛けるゼルダ・フィッツジェラルドの伝記映画“Zelda”など期待の新作が続々と控えている。米経済誌「フォーブス」では2015年と16年の2年連続で<世界で最も稼いだ女優>に選ばれた。

CLOSE
クリス・プラット

『ジュラシック・ワールド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などの超大作に主演し、今、最も勢いのあるハリウッド俳優。
1979年6月21日、ミネソタ州バージニア生まれ。02年からはテレビ・ドラマ『エバーウッド 遥かなるコロラド』でその存在を知られるようになる。さらに09年より7シーズン続いたNBCのTVシリーズ“Parks and Recreation”で人気者に。映画ではブラッド・ピット主演の野球ドラマ『マネーボール』(11)で選手のひとりを演じて注目され、全米で爆発的な大ヒットとなったマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)ではヒーローらしくない主人公スターロードを演じてムービースターとして一気に最前線へ。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮の超大作『ジュラシック・ワールド』(15)では主人公に抜擢され、全世界で16億ドル以上の興行収入を上げる大ヒットとなった。その後はデンゼル・ワシントン、イーサン・ホークらが共演の『マグニフィセント・セブン』(16/日本公開2017年1月27日)でも主役のひとりを演じる。その他の主な出演作に『ウォンテッド』(08)、『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)、『her/世界でひとつの彼女』(13)、『LEGO(R)ムービー』(14・声)などがある。今後も『ジュラシック・ワールド』の第2弾や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編などが待機している。

CLOSE
マイケル・シーン

1969年2月5日、イギリス・ウェールズ生まれ。王立演劇学校で演技を学んだ後、舞台俳優や映画俳優として高い評価を得ている英国のブレア首相に扮し、ヘレン・ミレンと共演した『クィーン』(06)では英国アカデミー賞の助演男優賞候補となり、ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞を受賞。同作を含め3作品でブレア首相を演じている。自身が英人気TV司会者フロスト役で主演していた舞台劇のロン・ハワード監督による映画化『フロスト×ニクソン』(08)などの演技で注目される。また、3本の『アンダーワールド』シリーズ(03~09)や『トワイライト・サーガ』シリーズ(09~12)でも知られている。その他の主な出演作には『トロン:レガシー』(10)、『アリス・イン・ワンダーランド』(10)、『ミッドナイト・イン・パリ』(11)『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(16・声)などがある。また、09年には演劇界への功績を評価され、大英帝国勲章を授与されている。

CLOSE